--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽に生きることを考える

2013年09月19日 20:00

楽って言葉は自分的には嫌いです。
楽をする=苦労をしない、というイメージがあるからです。

ただ、ブッダの言葉に
「苦行して過ごすだけの一生なら、遊んで暮らすのと何ら変わらない」
という物があります。

また、実際は、「自分を痛めつける」苦労ばっかりしている、と考えることもできます。




楽とは。
今でこそ楽と聞くと「easy」とか簡単なイメージを抱きますが、
本来は
「 心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。」という意味を指すようです。

苦とは。
「 心身につらく感じること。」という意味があります。

最近では「苦楽」という言葉はあまり使われません。


・・・そんなこんなで
楽という字は、苦労をしないという訳ではない、とも考えられます。

もっと気持ちにスペースを与えるのが楽であるとしたら、
逆に、気持ちを念でぎゅうぎゅう詰めにしてしまうのが苦では無いでしょうか。

そう考えると・・・
楽になるために、というフォーカスはある程度納得がいきます。

心に余裕を与えるためには、(楽になるためには)
どうすればいいのか?

その辺りを・・・どっかでしっかり考えないと、埒が明かなそうです^^;
スポンサーサイト

考察(9/19の2)

2013年09月19日 20:00

何度これ考えてるんだろう・・・w
というか見る人がどう思うかお構いなく自分のブログにダラダラと綴る
自分の考察。
恐らく日記なら1ヶ月後にバラバラに破き捨てる・・・w


そもそも、自分自身を考察する、とは書いていますが
これ自体が自分の取扱説明書である訳ではなく、
飽くまでも「自分から見た自分像」として個々に書いてるだけです





自分と他人について。

自分の行動の糧となる部分には、普通じゃない部分があります
「誰かを笑顔にしたいから頑張る」
「誰かに悲しい思い、辛い思いをさせたくない」

利他主義。

あと、自分の立ち位置について過敏です

「その環境にとって優位な立ち位置にいたい」

アイデンティティ。



<アイデンティティについて>

俗なものを避けている理由にも繋がっています

・同じジャンルの会話をする中では、
必ずどこかで自分が後れを取ってしまう(と考えている)

・誰かにとって有意義な自分でいたい
新しい何かを提供できる自分でありたい(と考えている)

高飛車。
多分これが近い。
自然とこう思ってれば、他人との高低差は意識してるわけで。

プライドが高い・・・?


※面倒なことは嫌い。あと、理解が見込めない事柄に着手するのも苦手気味
これはなかなか面倒なライン



→面倒なことは嫌いだが、誰かにとって優位かつ有意義な自分でいたい

=自分しか知らないような物事に走る






<利他主義について>


自分より他人

行動の大原則が「他人に対して何かすること」
よって、自分がなんであれ他人がどう思うかで行動の指標が変わってくる。
というのが自分。

自分の評価なんて当てにしていない。



→他人がどう思うかで行動の方向性が変わる

→他の誰かに見せて決めてハイ終わり、が多いのは多分そのせい?





<出来なくても仕方がない、できたら凄いこと>

基本的に努力あまりしていない気がします
趣味とか特技で終わっている。

でも、出来ないからといって死ぬわけでもないから
ただぐだーっとしている。





このような感じ

書いてどうする・・・・w



~ドクハク~


笑顔で話している人を見てると、
どうして自分にはあれが出来ないんだろう、と感じる。

私がPC上で存在している時に
話がピタッと止まるので、申し訳なく思う。

PCで自分が話している間は
あんまり他の人の楽しさを感じることが出来ない。
(なんか・・・淡白な会話になってしまってるような気がする)

グループにわざわざ行かなくても良いような感じがする。
あんまり話に乗っかることが出来ないのと、
私が入ると周囲の楽しさが消える。




自分としてはもっと自分で治せる所は治したい。




どうすればもっと負担がかからない様になるのかしら。



ではではぁ。

淡白な質(9/19)

2013年09月19日 19:59

人がどうやって自分のことを考えてるかなんて分からない。
だから言葉とかボディランゲージとかでお互いを分かろうとするのに。

最近の自分は憶測だけで自分に対する判断をし過ぎです
言葉の端々だけ掻い摘んで相手の考えや感情を考えたりとか。

・・・・

淡白な性格。
熱しやすく、冷めやすい性格。

要するに。
興味が有ることにしか自ら行動を起こさず
興味が有ったことに対してもあまり長続きしない、とか。

自己中極まり無い自分。
本当は他人の事なんてどーでもいい、とか思ってるんじゃない。
他人のことをしっかり理解し、分かろうともしない自分。

よくそんなことで「他人と共有できる話がしたい」とか言えるーー;

どこまでが虚構でどこまでが真実なのか、ちょっと曖昧です


人間としてどうなのよ。
与えられるものに対してはただただ歓喜して
自分から何もしようとはしない今の自分。乞食ですか。

娯楽に突っ走る自分。
楽な方へとすぐ流れたがる自分。


・・・・そんな人が、そんな体たらくに溺れた人間が
よく他人と一緒に何だかんだ、って言えたもんですよ。

言われたことを最後までやらない
休み中は趣味に没頭
自分しか見ていない。
そして困ったら自分談義。助けて誰かって


・・・・



・・・利他主義とかふざけるな、という感じの今日このごろです。

他人のために何だかんだ、とは言うけれど
結局他人に笑顔を与えることは出来ずに、
求められる事柄さえ無く、
やっているのは与えられた休暇をぐーたらと家でゲーム。

どうすれば他人に笑顔を与えられるんだろう?

どうすればもっと自分のために頑張れるんだろう。



なんかとっても子供っぽい・・・w



努力。


自分のためにする努力。





・・・・・とりあえず、明日は紙にできる事をリストアップです。




さて、今日はこの辺とします
最近は(自分/周り)な環境下においても、
自分が非常に情けない、腐ってる、愚か、動いてない・・・と、
とにかく自己嫌悪に至ることが多いですーー;


ではではぁノシ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。