--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cytus始めました。

2014年09月30日 20:18

はい更新です。
昨日の三時寝のせいで本日の体調はボロボロですーー;
本当は一時半くらいに寝ることが出来たのですが、
何を血迷ったか・・・一時半位から「そうだ、Beattube譜面つくろう」とか言い出して
結果的に終わったのが26:44。

BeatTubeあれですね・・・
ステマニと違って上ボタンの場所、下ボタンの場所、とか・・・そういう譜面の置き方ではないので
譜面を綺麗にするために、いちいちロングノートで整理しないといけないという事ががが。
自由にノート配置できるのは良いことなのですが・・・w

ただ、BPM調整については割と助かったりしています
手打ち可能だし、四拍子刻んで合わせることも可能だし(カラテ家マニアっぽい?)。

また、オフセット調整も可能で、位置調整・・・というツールを使って綺麗に調整
(ただ・・・未だに位置調整の機能についてはしっかり分かってないので、
 私は「最後に一括調整」で合わせてますがーー;)

まぁでも、久々の譜面作成、ということで
結構に楽しんでいます。
何人プレイしてくれたか、ブクマしてくれたか・・・という事がわかるので、
数が増えてくるとモチベーションも上がります^^;

個人的には、自分の譜面で99%出せる人が居るかどうか・・・というのが結構気になるところ。
というのも、オフセットの調整がだいぶ甘いと思うので、
ズレている譜面を叩かせて居ないかどうか・・・結構気になるからですーー;
そういう意味では、高スコア出せる・・・ってことは、それだけ叩きやすい譜面・・・なのかなぁと(独断と偏見

なんかステマニ以来久々の譜面作成談になってきてますね^^;
長くなってもあれなので、この辺までとしますが・・・。


さて、本題です。(今更感やばい・・・w
今日、友人からの勧めでCytusを導入してみました。
ハードはiPhone5。

某所で(リフレク+TECHNICA)/2と表現されているように、
他の音ゲーとはまた一線を画したようなインターフェースとなってて驚きましたーー;

「ノートが流れる」のではなく、「判定バーが流れる」・・・
そういう意味でのTECHNICA、
「ドラッグノート・チャージノート」という意味でのリフレク・・・なのかしら、という感じ。
ただ、ゲーム自体は両者とは全く異なっており、
中々・・・タッチ形式の音ゲーのなかでは難しい印象を受けました;

とりあえずチュートリアルのみ終わらせた所で今は止まっています。
バンドル買うかどうかは・・・1章の出来高次第かなーという所・・・・w

ただ、個人的に気になった・・・10章のFREEDOM DIVE
私はまたBMS時代の悲劇を味わうことになるのだろうか・・・(゜.゜;


さて、今日はここまでとします。
明日は水曜日、Roxasに代わってSoraです

ではではぁノシ
スポンサーサイト

音ゲーマーとしてのなんとか。

2014年09月29日 18:19

はい更新です。
昨今の体調不良について、今日ちょっと胃腸科行ってきました;
ただ、医師の診断によると、胃腸炎・・・というよりは、
「風邪から来てるだけなので、そこまで心配しないで」とのこと。

処方までしていただきました。
これはもう後期前までにしっかり治したいところですわ・・・ーー;

さて、最近ですが三國無双7Emが発売延期・・・('A`)
ということで、片手間で出来るようなiPhoneアプリを見つけて遊んでいます。

とりあえず今のところは

・ポケットナイツ
・ニキ
・スクフェス
・Beattube     ←new!
・Beat gather   ←new!

この5個をメインにやってる感じですね。

で、今日ですが・・・
ニキとスクフェスについて以前ブログで書きましたので
(スクフェス最近Lv8安定してきた・・・でも相変わらず特別楽曲9Lv突破は無理orz)
ちょっと「Beattube」と「Beat gather」について書いていこうと思います。


まず、「Beattube」。
これは、Technon, K.K.という場所が制作したゲームで、いわゆる音ゲーです
image-02-301x535.png screen568x568.jpeg

イメージとしてはリフレクに近い・・・?ような感じのゲームなのですが、
他の音ゲーに見られない大きな特徴が有ります。

それはなんと、
「Youtubeの動画が音源・クリップとして、ストリーミング再生される」というもの。
要するに、Youtubeで上がっている動画なら、どんな曲でもプレイ可能、という感じです。

譜面・ノートについては、制作元のTechnon, K.K.さん側からは(チュートリアル以外)ほぼ存在せず、
殆どが有志の方による作成、となっています。
(ユーザー側で動画を検索して、譜面打ちが自由にできます)

また、リザルトについては、各楽曲に「ランキング」なるものが存在していて、
それぞれの曲で他ユーザーと競争することが出来ます。
メジャー曲で頂点極めたり、マイナー楽曲で「1位/1人中」とかやってみたり・・・w

加えて、twitterやLINEを使って、リザの共有とか出来るみたいですが・・・まだやってません;


「環境は作ったぞ、あとは自分たちで作ってくれ!」みたいな、このBeattube。
素晴らしくユーザー丸投げ感もしますが・・・w
だからこそ盛り上がってる感じもありますね^^;
難点としては、如何せんYoutubeの動画を用いている都合上、
毎回動画再生(ストリーミング再生)しなくてはいけない、という所でしょうか。
お陰で毎月LTE7GBまでな私のiPhone通信料が焼け死んでます('A`;)

もし興味があればやってみることをオススメします。
ライトユーザーから密林のゴリラさんまで、もの凄く幅広いユーザ層が存在していて、
やっていて飽きませんw


次に「Beat gather」について。
これは、KONAMIさんが作っている、iPhone向けの音ゲーです。




これも実は、インターフェイス自体はBeattubeとそこまで変わらないのですが・・・w
こちらは動画ではなく、
「自分のiPhoneに入っている楽曲がそのまま譜面になる!」
というのを売りとしています。

譜面・ノートについては、
自分で作ったり、オート生成で作られたものを使って遊ぶことが出来ます。

これだけ聞くと、(ん・・・・昇天ビート?)と思う人も居るかも(居ないだろう・・・w)ですが、
それだけではないっぽいです。

なんとこのゲームでは、
他の人が作った楽曲の譜面を、自分の曲に紐付けすることが出来るんです!
(まぁ当然・・・といえば当然なのかも、だけど)

そのため、「楽曲は持っているけど、作るのめど・・・」という場合でも、
譜面だけ落として、あとは遊ぶだけー!という状態にすることが出来ます。
なんというらくらく機能・・・w


ただ、音源の長さが(エンコードなどの都合上)各ユーザーによって違うので、
それぞれの楽曲と落とした譜面で、いちいちオフセット(初期位置)合わせをしないといけないですーー;
その辺はBeattubeと違って果てしなく面倒('A`)
その点Beattubeは、飽くまでも「それぞれ、その動画の音源に依存する」ため、
制作の段階でしっかりできてれば、
いちいちズレを調整したりする必要は無いんですね。なんとも便利。



・・・とまぁ、点々と音ゲー紹介をしてきましたが
Beattube本当にお勧めです。
少しでも興味があればやってみることをお勧めですよ!



さて、今日はここまでとします。
明日は火曜日。俺の夏休み、終わっちゃった…。(某少年風に)

ではではぁノシ

曲の紹介69-60

2014年09月26日 12:37



――それは、妄執と狂気に至る愛。

今日紹介するのは、霜月はるかさんより「LUNA(arrange)」です。
元はInnocent Greyという会社の「カルタグラ」というPS2のゲームのed。
(PC版もあるのですが、そっちにはこのLUNAは入ってない)

同作品の恋獄を強く意識させられる一曲。
アコーディオンが優しくリスナーを抱擁してくれるような、優しい曲になっています。
聞いてて・・・何故かとても切ない気持ちになってくる曲。
ひたすら想っていても届かない想い。それでもきっと、いつかは・・・

この曲は三拍子ですが、原曲のほうでは五拍子、という
ちょっと変わった拍子取りとなっています。


ただ、未だにゲーム自体の方はプレイしたことがないので・・・
ちょっと機会があったらやろうかなぁ、とは思います^^;


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。