--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

torie

2013年05月01日 00:01

すみません、ちょっと気持ち斜めした46度の直下なので
今回は折込にします。

他人の意見を鵜呑みにするな、とはいうけれど
言って文句を言われるのも正直考えようです。

少なくとも、誰かにとって意味のある(と思ってもらえる)話をしたい。


2つほど、考えるとしたら
まず1に・・・「自分が、単に対話スキルが無い」かも。

話題が相手から出された時に、
相手の興味に乗るのではなく、そこに「自分なら」とか「自分は」とのせて話を展開する。
あとは、相手の話をあんまりまともに聞いていない、
結局どこかで自分にとって有益かそうでないかの識別をしている。

冗談が通用しない、というのは多分このへんから来てるのかもしれないですね・・・w

2つ目に、「相手が自分をそんなに来にしていない」かも。
若干の尊敬、畏敬なんかはあるかもしれないにしても・・・・
そもそも、知り合い(よく言う「知り合い以上なんちゃら」)の人に対しては、
取り立てて意識するようなことは無いのかもしれないです。


・・・ダメね、なんかまとまりが悪い(ーー;)


だから悪いコトなんだ、ってそれぞれを言い切ることは出来ませんが、
そのせいで支障をきたしているかもしれない、と考えることはできます。

結局どこかで自分にとって有益かそうでないかの識別をしている・・・と書きました。

他人の会話は飽くまでも他人の会話でしか無いので、
それにたいして個人がどう思っていようが、それは個人の都合。

しかし自分は、その個人の都合「辛いよー」を他人に振りまいて、共感を求めている。
「辛いの、どうしたら良いかな」みたいな。
自分をもっと見て!って言ってるようなものですね、そう思うとちょっと虚しい;



あとは、他者が他者をあんまり来にしていないんじゃないか、ということ。
当然といえば当然ですが、自分は自分だし、他人は他人です。
だから他者が言うことをいちいち真に受ける必要はない。

うん・・・そうなんだけど。
自分は、どうしても自分自身に「必要性」をいつも問いかけてしまう。

自分の会話は、有意義なのか?

よく分からないですね・・・本当に;
何を持って楽しい会話なのか、とかいつも考えてはいるけれど、
結局、自分でみて「楽しそうな会話」を見て、
それに参加できるか否かで自分の発言の「必要性」を決めてたりすること多いから・・・


・・・個人的な主張を言わせてもらえれば。
これは、何か1つのテーマに沿った会話が成された時に、よく自分が思うことですが
「誰かを尊敬・畏敬する人」は、その人を特別な何かとして捉えてしまう(というか意識する)ため、
他の人との特異性を結構来にしてたりするんじゃないか、と思うんです。

「他の人には出来ない、こういうことができるからスゴイ」

自分としては、もっと個人の良さを見つめる目ってものが欲しいです。他者に。



※ただ、自分自身で「何が誇りか」とか見いだせない人に、
君はここがすごいね、と本来言ってもらうというのも・・・ちょっとヘンな話なんですどね^^;
自分が無い人間がそんなこと言われたら破局ですよ、破局






なんか嫌だな・・・本当、これ全部自分の頭のなかの「The 自己常識」なのかーと思うと、
もう自分の頭どんだけ硬いのよ・・・って思うこと多い。


見てくれてる人いたら、すみません。
意味のない愚痴だと思って流してしまって良いから・・・

ではではぁノシ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://higanlodging.blog96.fc2.com/tb.php/875-c41d7732
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。